15年前、こんな光景を予想できただろうか・・・?

2013年6月20日~21日にかけて、CIMG3926
茨城県守谷にある、日本興亜損保総合研修センターで講師をさせていただきました。
損保ジャパンと日本興亜の合同研修で、全国の支店・支社の皆様約60名を前に、
合計9時間の講師でした。

この研修は、年明けに依頼を頂戴し、早くからの目標としていたのですが、
なにせ9時間もの長丁場。

想いを語るには、少し長すぎる時間で、
60名の受講生、および今後の研修の品定めをしている本社役職のオブザーバーの皆様、
そんなたくさんの人を、「半歩でも前に。」導かなければ、研修の意味がないわけですから、
事前の準備にたくさんの時間を要しました。

資料は、総ページ400ページを超え、行うワークは10以上。
ココだけの話、スーツから靴まで、この日のために新調するという気合の入れようでした。
それだけに、「終わった後はどんな気持ちになるのかな??」
なんていう思いもあり、少し成長した自分なんてのも期待していたのですが・・・。

結果、終了した直後は、
あまり感慨にふけることもなく、特別な感情が湧き出ることなく、
「ほっとした。」
という感覚がぴったりの経験でした。
まさに、お役御免!!といったところでしょうか。CIMG3935

「ほっ」としたまま昼食をいただき、「明日は家族が来てくれるなぁ」と思いながら、
帰路のバスに揺られ「ぼ~~」っとしていると、突然、思い出したことが・・・。

それは、今から15年前のことです。
僕は、大手生命保険会社の入社間もない社員でした。
当時の保険業界に、コンプライアンスなどという言葉は存在せず、
会社のために無理をしている人が評価されるという時代でした。
私は、結果が残せず、やる気も起こらず、前途絶望で、
「こんな厳しい会社で一生働くのは無理だっ。」と思う日々で仕事をしていました。

会社も嫌い、仕事も嫌い、自分も嫌いの三拍子。
そんな中、集合研修は束の間の息抜きの場でした。

「いつか、本社の営業研修課とかに行きたいなぁ。」
半ば、営業することが嫌だから、という動機があるのを自覚しつつも、
「営業で結果が出ていないのに、教える立場になんかなれっこない。」と、
自分で勝手に絶望していた日々。
でも、「いつか・・・。きっと・・・。」と憧れていたことを思い出したのです。

あれから・・・、たくさんの経験をしました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。CIMG3933

退職、転職、離婚、再婚、リストラ、独立、子育て、挑戦。。。
辛かったこと、厳しかったこと、不安だったこと、途方にくれたこと。。。
嬉しかったこと、何とかなったこと、頑張れたこと、実績になったこと・。。。
応援、誹謗中傷、励まし、愛情、信頼。。。

たくさんの経験のおかげで、たくさんの出来事のおかげで、
大きな自信を持って、お話できました。

結果、9時間の研修で、得たもの。

それは、自分で経験をしたことへの「信頼」でした。

終了後にいただいた受講生の方々からの、アンケートがとてもいいのだそうです。
「まとめて、お渡しします。」と主催部署から言われているものの、
そこは花形部署ということで、お忙しさも、尋常ではなき様子。
このブログに一緒に載せようと、お待ちしていたのですが、この感謝の気持ちが薄くならないうちに、
アンケートは後日にいたします。

本当にありがとうございました!!

そして、今までたくさんの経験をしてきた、15年前想像もできなかった光景を見ることができた自分へ。

本当におめでとう!!これからも、自信と信頼で揺るがない灯台を目指して!!

Posted on 2013-07-09 | Posted in ブログ, 日記