定員10人限定 (残り1)
2020年11月17日現在
開催今治・神戸・大分・熊本・松阪・大阪・鹿児島・北九州・前橋にて開催中

年間、約1000人の営業マンと時間をともにさせていただいています。
保険会社主催のプログラムも多く、しっかりとしたアンケートを取っていただけるケースがほとんどです。
受講後の声として最も多いのが、「作成したシナリオを実践します」というもの。
とても嬉しい反面、「その後はどうなったかな?」「躓いていないかな?」と、皆さんに寄り添えない歯がゆさはあるものです。
しかし、すべての人と継続して寄り添うことは物理的に不可能・・・。
そこで、保険募集活動・講演活動・執筆活動をしながらとなり、本当に限定した数しかできませんが、個別でのコンサルティングを2019年からスタートいたしました。
毎回、追加募集時には満席となり、いつも若干数しかお引き受けできませんが、
HPをリニューアルしている今、タイムリーに「残り〇組」という形で、表示をさせていただきたいと思います。
ぜひ、この機会に「法人でブレイク」「数が確保できる営業マンの育成」「営業の仕組化」など、ブレイクする『型』をもとに作りませんか?
皆さんの人生に寄り添えることを、楽しみにしています。

個人コンサル概要

  • 更新自由(いつおやめになられてもOKです)
  • WEB開催も大歓迎
  • 毎月の開催回数は不問
  • 別途、制作物(FAXDM・TELスクリプト・訪問の仕組・サンクスレターなど)の依頼可能
  • 個人・代理店など、開催単位は自由(1名~可能)

片岡隆太から一言

成約率があがっても、訪問件数が確保できなければ成果はしれている。
だから、「件数を伸ばすことが生命線だ」と、ほとんどの営業マンは気がついてるはずだ。
成果をあげるには、「訪問件数を伸ばす」、つまり「断られる回数」を増やさなくてはならない・・・。正直いって楽しい話ではない。

これがどんなにしんどいか、私はいやというほど痛感してきた。
かつて、闇雲に訪問し、お客さまからの「No」をたくさん浴びせかけられ、
その「No」が、私自身の否定だと頭の中で変換されるのに、それほど時間はかからなかった。このようなメンタル状況で、件数を確保するには、よほどの鉄人か、鈍感な人間でない限り不可能だ。

そんなとき、「シナリオ営業」の世界を体験した。
お客さまの心理やニーズに寄り添うよう作られた営業台本という世界に出会い、
僕の中で「No」の本質が変わった。
自分の提供しているサービスが、「なぜ?」「どのように?」お客さまの役に立つのか?
「誰に」、「なにを」話しかけるべきなのかがはっきりと腑に落ち、
目の前の世界が一変した。
「こっちでいいんだよ。」「喜んでくれるから自信を持って!」
その台本は、僕の歩む道を、暖かい光で照らしてくれているように思えた。
まるで灯台の明かりのように。

私の提供している研修の本質は、
シナリオ製作というツールを活用した、メンタル強化プログラムだ。
そして、一度しっかり培われたメンタルは、簡単には崩れない。

かつて僕を導いてくれた明かりのように、
今度は僕が凛としてそばに立ち、
いつも、暖かい光をともし続けたい。

営業シナリオライター
片岡 隆太